ウォーターサーバーにかかるコスト

subpage01

ウォーターサーバーを利用する際には必ずコストが発生します。

コストの存在はウォーターサーバーの利用を検討する上で無視できる存在ではないのですが、それではウォーターサーバーの利用に際してかかるコストにはどう言ったものがあるのでしょうか。

金買取価格情報をお教えします。

まず間違いなくかかることになるのが水の代金です。水の価格はそれぞれの業者によって異なりますが、これは1リットル当たり90円から160円ほどが相場となります。

超音波でねずみ駆除の情報を求める人におすすめです。

名水と呼ばれるような水を採水してボトルに詰めているであれば当然コストは高くなりますし、逆に自社で安価に水を供給できるような状況を作っているのであればコストは安くなるでしょう。ほとんどのボトルは12リットル入りのものとなりますから、安いものであれば1000円ほど、高いものであれば2000円ほどになってきます。



業者によっては月2本の購入が契約条件になることもありますから、そうした条件があるのであれば2000〜4000円ほどがかかってくることになるでしょう。



加えてかかるコストとなるのが、サーバーの代金です。


最近だとサーバーの設置に関しては無料とするところもありますが、メンテナンスを含めると有料になるというケースもあります。



メンテナンスに料金が発生する場合は1回あたり3000円ほど、年間のメンテナンス契約だと5000円ほどが相場です。

https://news.yahoo.co.jp/byline/masanoatsuko/20141009-00039815/

ちなみに設置の段階で500〜2000円程度がかかることもありますから、これも確認しておきましょう。

そしてサーバーというところだと電気代もかかってくることになります。

この電気代は地域ごとの電気料金によって変わってきますが、おおむね1000円程度、消費電力の少ないエコタイプなら300〜500円ほどとなります。

https://okwave.jp/qa/q7983748.html

こうしたことは業者が必ず告知をしている部分になりますから契約をする際には後からトラブルにならないよう、必ず確認するようにしてください。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150223/Cobs_135411.html

関連リンク

subpage02














ウォーターサーバーの事故を防ぐには

最近では自宅にウォーターサーバーを設置しているという人がとても多くなっています。水道水は放射能汚染の危険性があるということから、ウォーターサーバーを設置して、安全な水を飲むようにしているという家庭が多くなっているのです。...

NEXT
subpage03














ウォーターサーバーならクリティアがオススメです

ウォーターサーバーはたくさんの種類が存在しますが、クリティアほど高い評価を集めている企業は存在しないと言って良いでしょう。その秘密は利用者のニーズに見事にフィットした、安全性と安心への配慮、更に味と品質、徹底的なまでに削減されたコストにあるからです。...

NEXT